ひげの抜毛はリスク大?抜毛の危険性と脱毛のススメ

ヒゲの濃い方ほど、ついついヒゲを抜毛してしまう癖をやめられない自覚のある方は多いでしょう。リラックスしている時はもちろん、何かに集中している時などつい顔に手を伸ばしてしまうのです。しかし、ヒゲの抜毛は実はリスクの高い方法であり、癖にするには少々危険です。

では、抜毛にはどんなリスクが潜んでおり、どのようにして対策するべきなのでしょうか。

肌トラブルの原因になる

抜毛は無理やりヒゲを抜いているため、髭を抜いた箇所に細菌が入ったり、色素沈着を起こす可能性があります。抜毛した箇所からニキビができることも珍しくなく、男性といえど肌が荒れていては清潔感が失われてしまいます。

また、ニキビとよく間違われる毛嚢炎が発生する場合もあります。毛嚢炎とは、ニキビに比べて小さくポツポツとした腫れができる状態ですが、これは抜毛した箇所に細菌が入り込むことで発生する状態です。必ずしも抜毛が原因であるわけではありませんが、抜毛が癖になっていて毛嚢炎が収まらない方は十中八九それが原因でしょう。

色素沈着の場合は、若い頃はまだそれほど気にならないかもしれません。肌のターンオーバー機能が正常に働き、メラニン色素の活性化で色素沈着が発生しても元通りになるためです。しかし、肌のターンオーバーは徐々に衰えていき、40代50代にもなると20代の頃のようにはいきません。

ちょっとした刺激で色素沈着が発生しかねませんし、抜毛はもってのほかです。また、若い方でもストレスが溜まっていると肌も弱まってしまうので注意しましょう。

抜毛により色素沈着が発生するのは、紫外線を浴びることにより肌にシミができるのと同じ状態です。シミは肌が外部からの刺激と戦っている証でもあるため、無闇に肌に刺激を与えないようにしましょう。

『紫外線が抜け毛の原因に?髪の毛への影響と正しい対処法』

埋没毛のリスク

埋没毛とは、本来肌の表面に出てくるべき体毛が外に出なくなり、肌の中で成長を続ける状態です。顔に黒いポツポツができてしまっている方は、それが埋没毛です。埋没毛は主に抜毛によって発生する症状であり、無理やり取り除くのなら肌を傷つけ抜毛する他ありません。

無理やり抜毛していてはまた埋没毛が発生する原因になりかねないことから、自然治癒を待つ方法が推奨されます。また、埋没毛はヒゲが肌内部に向かって成長するというよりも、ヒゲを覆っている角質層が徐々に分厚くなっていると表現した方が正しくなります。

抜毛により傷ついた肌を保護しようと、角質層がどんどん厚くなり結果的に埋没毛となってしまうのです。また、先ほど紹介した色素沈着や毛嚢炎と同時に発生することも珍しくありません。肌荒れと埋没毛の両方が発生すると、肌の見た目はかなり悪くなってしまいます。

男性は女性よりもスキンケアに力を入れていないことも多く、それがなおさら肌荒れを進行させる原因になりかねません。こうしたリスクを抑えるためには、やはり抜毛の癖をなくすことが一番です。抜毛を続けても毛が生えてこなくなることはありませんし、デメリットしかありません。

抜毛症とストレス

抜毛症とは、抜毛する癖が治らず自分の意志で簡単に止められない状態を指します。また、無意識にヒゲを抜いている方も多く、当然肌荒れも加速していきます。毛抜を使った抜毛はもちろん、道具がない時には手を使って抜毛していたり、いつの間にか抜毛している方はこの症状に当てはまるため注意しましょう。

ヒゲの薄い方でも抜毛症になる恐れがあります。むしろヒゲの薄い方は、たまに生えてくるヒゲに対して敏感になりつい抜毛してしまうケースも多いでしょう。また、これら抜毛症はストレスが原因とも言われています。ストレスが大きくなった時、よく爪を噛んでしまう癖が挙げられますが、抜毛症は同様の症状でもあるのです。

そのため、物理的に抜毛を阻止できないのであれば、まずはストレス軽減から始めなくてはなりません。

いくら抜毛は二度としないと誓っても、いざストレスがかかると簡単には抜毛は止められません。抜毛自体をやめるよう考えるよりは、つい抜毛してしまうタイミングで何がストレスになっているかを考えた方が解決に近づくのです。

『男性の激しい抜毛の原因とおすすめの対策』

脱毛をして抜毛を防ぐ

どうしても抜毛をやめられない場合、脱毛を受けることで物理的に抜毛を防ぐ方法もあります。生えてくるヒゲがなければ抜毛できませんし、男性にありがちなヒゲが生えてくる箇所の肌荒れもなくなります。その分費用はかかりますが、ヒゲの脱毛は人気が高いこともありキャンペーンを行っている脱毛サロンもたくさんあります。

お得なキャンペーンを積極的に利用しながら脱毛を受けることで、今後起こりうる抜毛によるリスクを軽減してみてはいかがでしょうか。ヒゲを脱毛するメリットは、抜毛症対策以外にもいくつかあります。例えば、毎日のひげ剃りにかける時間を短縮できるのは嬉しいメリットではないでしょうか。

特にヒゲの濃い方ほど、ひげ剃りにかける時間も頻度も高くなります。一日一日のひげ剃りにかける時間で見れば大したことがなくても、年単位で見ればかなりの時間をひげ剃りに費やしており、その煩わしい時間をカットできるのは大きいでしょう。

また、ひげ剃り自体が与える肌への刺激もカットできます。カミソリを使ってひげ剃りをしている方は、いくら肌に優しいひげ剃りを使っていたとしても多少のダメージが肌には残っています。脱毛は将来の肌を守る行為でもあるので、綺麗な肌を目指している方にもおすすめです。

メンズ脱毛を選んでみる

もしも脱毛を受けるのであれば、メンズ脱毛がおすすめです。メンズ脱毛とは、男性に焦点を絞った脱毛サロンであり、女性が利用しないため気兼ねなく脱毛を受けることができます。同じ脱毛サロン内で女性がいると何と無く気まずさを感じてしまう方にはうってつけの脱毛サロンです。

また、男性向けに開業されている脱毛サロンなので、ノウハウもより男性の肌向けに蓄積されています。女性向けの脱毛サロンでヒゲ脱毛を受けるより安心して施術に向かえるため、近くにメンズ脱毛サロンがあれば一度検討してみましょう。

また、ヒゲ脱毛にヒゲの濃さは関係ありません。かなりヒゲの濃い方でも施術は可能なので、ヒゲの濃い方ほど脱毛効果を実感しやすくなるでしょう。施術が完了するにはある程度の期間を必要とするため、スケジュールに余裕を持って通うことが大切です。